2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

5月の発表会の生徒たちが一人ずつ弾く曲決めがほぼ終わりました

去年終わった時点で「来年はこれが弾きたい」という目標を決めていた生徒、

「エリーゼのために」が弾きたい!と夢がかなった子

「○○はやっぱりまだ難しいかな~今年は違う今のあなたにちょうど合うこれにしましょう!また、来年に向けてネ。」と、曲を決めた子。

特別この曲と決めていない子には2~3曲よういしておいて、その子の前で弾いてあげて、本人に好きなのに決めさせてあげます。
ただ先生に「この曲ね」と言われるだけより、少しでも気に入った曲だと、自ら弾きたい!気持ちが生まれます。
不思議なもので、2~3曲弾いてると、すぐ横で聞いている子の「あっ!これ弾きたいこれがい
い!」という気配?が感じられます。
本当に不思議

先生である私は、お正月から曲をえらんでいますが、一人少なくとも2曲ずつだと、結構大変で・・
私の楽曲を知るという勉強もいつも試されている気がします。
昔ながらの曲もいいですが、新しい日本人作曲家の小品は素敵な曲が沢山あり
生徒たちも「わぁーステキ…」と。
コンペ課題曲やステップ・他の先生方の発表会で、勉強させてもらっています


楽譜の本棚です
いつもあまりキレイではありませんが

この記事へコメントする















☆自宅教室~松戸市六実           
(東武野田線六実駅徒歩7分)
☆六高台保育園教室~
松戸市六高台(月曜日のみ)